ふたりにピッタリな幸せなカタチを考えよう 「これならしたい!」が見つかるウエディングStyle ふたりにピッタリな幸せなカタチを考えよう 「これならしたい!」が見つかるウエディングStyle

フォトウエディング

フォトウエディング

夫婦になった証を
思い出と一緒に形に残す

予算の関係で結婚式を挙げられない場合や、結婚式は挙げたくないけれど「一生に一度の記念に写真だけでも…」というカップルに支持されているフォトウェディング。結婚式よりも、リーズナブルな価格でロケーションにこだわったオ シャレな写真を残せるのが一番のメリット。手配できるのは、フォトサロンや結婚式場、衣裳サロンなど。価格重視なら多くのプランがあるフォトサロン、ステキなロケーションで撮りたいなら結婚式場、衣裳にこだわるなら衣裳サロンに依頼するのがオススメ。近年ではリゾート地などのハネムーン先でドレスやタキシード姿で写真を残すカップルも増えている。

[こんなふたりにオススメ]セレモニー的なものは嫌/入籍だけだと少し寂しい/ウエディングドレスだけは着てみたい

フォトウエディング 3つの魅力をPICK UP フォトウエディング 3つの魅力をPICK UP

  1. 魅力1打ち合わせも楽々
    価格もリーズナブル

    結婚式の費用相場は300万円前後。フォトウェディングは撮影場所や衣裳、カット数などにより異なるが3万円〜20万円程度で、価格はリーズナブル。打ち合わせも最短2週間でかない、ゲストも考慮する必要がないため、ふたりの都合で予約して比較的気軽にかなえられる。

  2. 魅力2思い出の場所に出掛けてかなえる
    ロケーションフォトにも対応

    写真はスタジオだけでなくロケでも撮れる。その魅力はお気に入りの場所で撮影ができること。出会った場所、よく訪れた街、プロポースされた場所などふたりが選んだ場所、選んだ季節、選んだ時間で行う撮影は、その瞬間だけのふたりらしい思い出になる。

  3. 魅力3ウエディングドレスや和装も
    豊富な種類からセレクト

    女性にとって憧れのウエディングや和装ドレス。フォトウエディングを手配できるスタジオや結婚式場は幅広い衣裳を取りそろえている所が多い。最近では衣裳サロンでも写真だけのプランを用意していることもあるため、お気に入りの衣裳を探して写真も残せる。

先輩カップルのスナップコレクション 先輩カップルのスナップコレクション

  • Scene / 思い出の場所

    ふたりが出会った
    思い出の学校が舞台

    「高校は、ふたりにとって忘れられない思い出の場所です。一緒に学んだ教室では、当時の席順で撮影もしました。他にも、グラウンドや校門などでも写真を撮ってもらい、大切な宝物が増えました」(繻エ寛樹さん・ひとみさん )。

  • Scene / 和装

    赤やオレンジに染まる紅葉を
    背景にした和装フォト

    「和装で撮影をしたいと考えていた時に、真っ先に浮かんだのが紅葉を背景にしたロケーションフォトです。日本の和の文化を肌で感じることができ、記念に残せてよかったです」(茂木友佑さん・翔子さん)。

  • Scene / ガーデン

    緑いっぱいの背景に
    POPなバルーンがマッチ

    「高原リゾート地の軽井沢で行った憧れのロケーションフォト。テーマカラーのラベンダーと白のバルーンを使ったのがポイントです。緑に囲まれた公園の背景によく映えて理想通りの仕上がりになりました」(天田潤さん・晴香さん)。

  • Scene / 教会

    向かい合うふたりを照らす
    きらめくシャンデリア

    「タキシードとドレスに一番マッチするのは、純白のチャペルだと思います。正面からのアングル以外に、印象的なシャンデリアを入れて、ふたりを照らし出しているかのような幻想的な写真が撮れました」(熊倉岳人さん・有香さん)。

  • Scene / スタジオ

    離れて住む両親に贈る
    3家族での記念撮影

    「お互いの家族が東北と九州で離れていたため、結婚式は挙げませんでした。しかし、花嫁姿を見せてあげたいのと、両家両親に思い出を作ってもらいたくて3家族そろってのフォトウエディングを楽しみました」(宝蔵寺真吾さん・亜季さん)。

  • Scene / 海

    小物を使ってオシャレに演出
    海辺でのロケーションフォト

    「グアムでのリゾート挙式の際に撮りました。日本にはない、白い砂浜と青い海を背景にしたフォトウエディングは楽しみの一つでした。中でもフォトフレームを使ったこの1枚はお気に入りです」(新井淳志さん・侑香さん)。

ウエディングSTYLE TOPへ戻る