ふたりにピッタリな幸せなカタチを考えよう 「これならしたい!」が見つかるウエディングStyle ふたりにピッタリな幸せなカタチを考えよう 「これならしたい!」が見つかるウエディングStyle

和ウエディング

和ウエディング

日本の伝統を重んじて
家と家とのつながりを実感

和婚とは挙式や衣裳などに「和」を取り入れたウエディングスタイル。挙式は、神社やホテル、結婚式場などで行う神前式が一般的。日本古来の形式に添った厳かな雰囲気の中、両家と両家をつなぐ儀式の数々は、ゲストにとっても思い出深い時間を共有できる。衣裳は、白無垢や色打掛などの正装から、柄や刺しゅうを現代風にアレンジしたものまであり、そのバラエティーの豊富さが和婚が支持される理由の一つとなっている。近年では、和装を着てチャペルや披露宴会場で挙式を行ったり、演出やコーディネートなどに和を取り入れるなど、和婚でふたりらしさを発揮するカップルも増えている。

[こんなふたりにオススメ]厳かな雰囲気を味わいたい/出席ゲストは親族が多い/歴史や日本文化に興味がある

和ウエディング 3つの魅力をPICK UP 和ウエディング 3つの魅力をPICK UP

  1. 魅力1日本の女性によく似合う
    和の花嫁衣裳が着られる

    日本の伝統的な花嫁衣裳である白無垢。挙式の正装とされ、綿帽子は白無垢にしか合わせられない特別なもの。このスタイルは、日本人女性にしっくりなじみ、凛とした花嫁姿を演出してくれる。また、色打掛は柄や刺しゅう、色など種類も幅広く、華やかさや個性が出せると人気だ。

  2. 魅力2衣裳やコーディネート、演出など
    和の要素を現代風にアレンジできる

    昔ながらの和装に現代風の柄や形を取り入れた白無垢や色打掛など、伝統的な美しさを現代風にアレンジできる。ヘスタイルも現代風にすれば、よりスタイリッシュに。さらに演出、コーディネートなどに和の要素を取り入れれば統一感やオリジナリティーのあるものになる。

  3. 魅力3日本古来の儀式を通して
    夫婦になることを強く実感できる

    参進から始まり、祝詞奏上、玉串奉奠、三三九度など日本の伝統に添って行われる神前式。教会式に比べ、ふたりで行う儀式も多く、夫婦になることを強く感じることができる。両家の顔を合わせながら行われるため、新しい親戚を迎えるような一体感を感じられるのも魅力的。

先輩カップルのウエディングレポート 先輩カップルのウエディングレポート

ウエディングレポート

憧れの白無垢姿で日本の伝統に沿った神前式をかなえた。

ゲストを温かくもてなす
ハンドメイドの優しい空間

会場 / ホワイトイン高崎(高崎市)

長田英哲さん、祐加さん

「ナチュラル和モダン」をテーマに約2年の準備期間を設け、手作りにこだわった長田夫妻。受付を彩るガーランドやペーパーアイテム、プロフィールムービーなど、作れる物はできる限り自分たちで手をかけた。自宅にゲストを招いたようなぬくもりをイメージし、メインテーブル後方の棚には、実際に家で飾っているグッズや写真を持ち込んだ。群馬の豚肉や新潟の鮭など、ふたりに縁のある食材を用い、両家が作った米を半々使った炊き込みご飯は、結婚式からはじまる家族の思い出の味となった。

  • 新婦母が白無垢姿の花嫁の手を取って、由緒正しい高崎神社の境内を練り歩き拝殿へと導く。

  • 巫女によってお神酒が注がれ、新郎新婦が三三九度の盃を酌み交わす厳粛な三献の儀。

  • 神職の手によって一礼する新郎新婦と参列者一同の身をはらい清める婚礼の儀式。

  • 会場コーディネートはグリーンを多用してナチュラルな空間を作った。

  • 野草を摘んで飾ったようなゲストテーブル。

  • HAPPY クッションを持ったゲストと一緒にフォトタイム。

  • 友人の余興に飛び入り参加して新婦もダンスを披露。

先輩VOICE

長田英哲さん、祐加さん

結婚式を挙げてどうだった?

会場装飾やアイテムなどを手作りするものが多くて、準備は大変でした。しかし、結婚準備を長くとったことで、ふたりでイメージを共有でき、自分たちもゲストも大満足の結婚式がかなえられました。

このスタイルを選んだ理由は?

日本人に生まれたなら、日本の伝統に沿った形で夫婦の誓いを立てたいと思っていました。また、友人たちは教会式が多く、参加するゲストにも『新鮮に感じてもらえることができるのでは?』と言う期待感もありました。

演出・アイテムのグッドアイデア

両家のオリジナルメニューを提供

料理長と相談して、オリジナルメニューを考案。ふたりの出身地の名産と好きな食べ物を炊き込みご飯にしてゲストにもてなした。

鏡開きセレモニー

両家の祖父母と一緒に行った鏡開き。和婚らしいセレモニーでパーティーが幕開け。日本酒はゲストにも振舞われた。

ご予約・お問い合わせはこちら ご予約・お問い合わせはこちら

高崎市 ホワイトイン高崎

電話番号027-325-5858

[住]高崎市赤坂町94
[交]JR高崎駅から車5分
[営]10時〜19時30分
[休]火曜(祝日の場合営業)
[P]150台

詳細はこちら

ウエディングSTYLE TOPへ戻る