本格的なフランス料理と豊かな信州食材

地元食材をふんだん使った「軽井沢キュイジーヌ」

軽井沢に避暑に訪れた西洋人は、キリスト教や建築だけなく、西洋の食文化も地元に根付かせた。パンやジャムなどのほか、ゲストを迎えるホテルではフランス料理も提供されるように。また、軽井沢をはじめ、長野県はソバ、リンゴ、山菜、川魚など食材の宝庫。これらの地元の食材を使ったフランス料理は「軽井沢キュイジーヌ」と呼ばれ、ウエディングにも取り入れられ、ゲストのもてなしに一役買っている。

「伝統と新しさが融合したフランス料理」

フランス
料理明治からホテルや別荘などの社交場で国内外のゲストをもてなしてきた軽井沢のフランス料理。地元の食材をふんだんに取り入れることで「軽井沢キュイジーヌ」として進化。色鮮やかな野菜を使ったヘルシーな料理は、ウエディングパーティーで特に女性ゲストに好評。軽井沢ならではのもてなしがかなえられる。

「水と森が育んだ 滋味豊かな信州食材」

信州名物信州名物といえばソバを思い浮かべる人も多いが、そのほかにも多彩な食材がそろっている。中でも、近年注目を集めているのが「信州サーモン」。トロリととろける舌ざわりと豊かな味わいが魅力。このほか、ソバや、リンゴなどの 果物、キノコ、山菜など、滋味豊かな食材がそろっている。

「軽井沢に根付くパン・スイーツ」

パン・スイーツ海外の宣教師が持ち込んだ食文化として、軽井沢に根付いたのがパン食。その名残からか、軽井沢には有名なベーカリーがあり、全国から多くのファンが訪れる。地元の果物や、タマゴ、ミルクなどを使った、スイーツも好評だ。

地元シェフがおすすめする軽井沢ベスト3

軽井沢・信州の美味食材

  • 「信州サーモン」とろけるような舌触りと豊かな風味で人気。
  • 「軽井沢いちご」。軽井沢では数種類のイチゴが栽培されている。
  • 「軽井沢発地産 蕎麦」。水耕栽培された蕎麦をスープで。

地元食材にひと工夫でさらにおいしさアップ 「信州サーモンは、地元を代表する川魚。きめが細かく肉厚で美しい紅色の身、臭みのない適度な脂が特徴で、本当においし いですよ。軽井沢いちごは『サマープリンセス』、『軽井沢貴婦人』などの種類があり、スイーツには欠かせません。軽井沢で水耕栽培されたソバは、香りをシンプルに感じさせるスー プもおすすめですよ」。